酔雲庵


インプロビゼーション

〜閉ざされた闇の中から〜

井野酔雲







23.名城ビーチで弁当を




 名城ビーチは人影もなく静かだった。

 午前中は曇っていたが、太陽が顔を出して海は輝いていた。

 夏になれば大勢の観光客で賑わうのだろう。ビーチパラソルが並んで、浮き輪を持ったビキニ姿の娘たちは黄色い声を挙げ、サーフパンツの若者たちは目を輝かせてひと夏の恋を捜し回るのだろう。今は波の音だけが心地よく響いていた。

 連続無差別殺人犯は中山淳一を名乗った、あの男だとわかった。しかし、あの男が何者なのか、まったくわからなかった。冬子のお陰で顔写真は残ったが、名前も素性もわからない。勿論、今、どこにいるのかもわからない。大城美津子をさらったのが奴の仕業だとすれば昨日の夕方までは、この沖縄本島にいた。美津子を殺して、その夜のうちに沖縄から出て行ってしまったかもしれない。空港の警備が厳重になったとしても、不審な素振りを見せなければ別の名前で飛ぶ事はできる。どこか別の場所に行って殺人を繰り返すに違いない。

「本物の中山と偽者はどこで入れ替わったのかしら」と冬子が私の隣でゴーヤー弁当を食べながら言った。

 私たちは浜辺に座り込んで、海を眺めながら弁当を食べていた。

「一月十一日に山口県の萩にいたのは本物だろうな」と私は言って、ポケットから手帳を出してページをめくった。

「最初の殺人があった一月二十五日に伊豆にいたのは偽者だな」

「そうすると十一日から二十五日の間のどこかって事ね」

「そういう事だな」

 冬子は指を折りながら数えて、「十四日だわ」と言った。

 その十四日の間のどこかで、本物の中山は犯人と出会ってしまい、もしかしたら、最初の被害者になってしまったのかもしれない。犯人は中山を殺し、中山の車に乗って中山に成りすました。奴が持っているカメラも中山の物だろう。ブランド物の服もサングラスも中山の物かもしれない。

「一月七日に横浜を出た中山は十一日に萩にいた。萩からどこに行ったのだろう」と私は冬子に聞いた。

「普通なら九州に行くでしょうね」と冬子の隣に座っている奈々子が答えた。

「うん」と私はうなづいた。「奴は日本一周の旅に出たんだから、当然、九州に行くだろうな」

「中山さんは例の手記を持って旅に出たのよ」と冬子が言った。「中山さんは坂口一等兵のお孫さんでしょ。お祖父さんが仲間を殺したって手記に書いてあるわ。それを確認しに鹿児島に行ったんじゃない」

「それだ」と私は指を鳴らした。「鹿児島にいるのは前田上等兵の子孫だ。中山は前田に会いに行っているに違いない」

「その前田さんが何かを知ってるかもね」と冬子は右手に持ってる箸を振った。「中山さんが前田さんを訪ねた日がわかれば、犯人と出会った日がもっと狭められるわ。でも、どうして九州からわざわざ伊豆の方まで行ったのかしら」

「伊豆だけが離れ過ぎてるな」

「愛媛の事件みたいに別件なのかしら」

「その可能性もある。伊豆の事件を手本にして、島根から連続殺人を始めたのかもしれない」

 冬子は私の顔を見て、「ねえ、鹿児島に行くの」と聞いた。

 私は海を見ながら少し考えた。鹿児島に行けば何かがわかるような気がした。真一が会った前田上等兵の息子に会えば、前田上等兵の事故死の様子ももっと詳しく聞けるかもしれない。鹿児島に行ったからといって真一の居場所はわからないが、ガマ捜しは警察に任せておけば必ず見つかるだろう。

「行ってみる価値はあると思う」と私は冬子を見て答えた。

 弁当を食べ終えると、「これから鹿児島に行って来ます」と私は右端にいる瑠璃子に声を掛けた。「こっちの事はお願いします」

「ええ、わかりました。でも、その前田っていう人がどこにいるのかわかるのですか」

「多分、田島さんのパソコンに入っていると思います。彼は以前、前田さんを訪ねていますから」

「ちょっと待って、あたしも行くわ」冬子が慌てて弁当を食べた。

「真一さんのアパートまで連れて行ってくれ」と私は冬子に言った。




目次に戻る      次の章に進む



inserted by FC2 system