沖縄の酔雲庵

尚巴志伝

井野酔雲

第三部 


戦乱の琉球(りゅうきゅう)を統一した英雄、尚巴志(しょうはし)の物語です。
かつて琉球王国として栄えた沖縄。那覇の港には明、日本、朝鮮、東南アジアから来た船が集まり、盛んに交易をしていました。琉球の人たちも危険を顧みずに、明、日本、朝鮮、東南アジアへと遠い船旅をしていたのです。
尚巴志が琉球を統一したのは1429年です。その年、日本では足利義教が第六代の室町幕府の将軍になっています。
六百年前の沖縄、琉球王国の黎明期をお楽しみください。

「第三部」は山北王の攀安知を滅ぼした尚巴志が、琉球を統一して亡くなるまでの話です。


このイラストは和々様よりお借りしました。


目次


1.沖の郡島
(第一稿)

戦が終わった翌日、志慶真ヌル、シンシン、ナナ、東松田の若ヌル、サスカサは、クーイの若ヌルの死を伝えるために沖の郡島(古宇利島)に向かった。水軍大将ヒューガの配下、ウムンの船に乗り、サタルーとシラーが二十人づつの兵を引き連れて従った。

2.凱旋
(第一稿)

山北王を倒した六日後の四月十七日、尚巴志は中山軍を率いて首里に凱旋した。今帰仁を発ったのは十四日で、その日は名護まで行き、二日目は恩納まで、三日目は喜名に泊まって、四日目に首里に到着した。

3.逃避行
(第一稿)

今帰仁の戦が始まる半月ほど前の三月二十八日、武装船に乗って逃亡した湧川大主は与論島に着いた。前日の夕方、運天泊を出帆し、奥間沖で一泊してから与論島に向かっていた。
   
   



表紙に戻る   第一部の目次へ   第二部の目次へ



inserted by FC2 system